検索
  • honestseitai

顔面部の打撲

10代 女性 左顔面部打撲

サッカーの試合中のヘディングの競り合いで、相手の頭が左の頬とぶつかり受傷。

来サロン時の症状は、左の頬の辺りが腫れており、左目がしっかり開けれないような状態でした。

画像は当サロンで施術した後に、お父様から頂いたメッセージのスクリーンショットになります。

来サロン前にもご相談のメッセージを頂いていたのですが、打撲による腫れにもやれる事はありますよ。とお伝えさせて頂いておりましたので、施術後は腫れも引いて、目も開けやすくなっておりましたので、喜んで頂けて良かったです。

一般的に打撲による腫れは日にち薬と言われ、冷やす等の行為をオススメされておりますが、手当てでやれる事はあります。

お顔が打撲で腫れてしまった場合は、1度ご相談下さい。

(※腫れによる痛みは緩和されますが、打撲による組織の損傷の痛みに関しましては、損傷箇所が修復されるまでは痛みます。)

631-0032

奈良市あやめ池北1-2-20

鍼灸整体サロン Honest


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

当サロンで交通事故による痛みに対する治療を受ける事が出来るのか?というお問い合わせを頂くので、ブログにも書かせて頂きます。 施術者である私、國武浩史は、国家資格である鍼師・灸師・柔道整復師を保有しておりますので、交通事故による痛みに対する治療を行う事が可能です。 ここで柔道整復師って何?という疑問も耳にしますので、簡単にお答えさせて頂くと、よく街で「整骨院・接骨院」という看板を見掛けると思いますが

冬至